過去の研究会(2016年)

[2017年] [2016年] [2015年] [2014年] [2013年] [2012年] [2011年]

開催日 報告者 題目 詳細
3月10日 梶原晶
(神戸大学)
戦後地方財政制度の形成と政党政治 [詳細]
秦正樹
(神戸大学)
横山智哉
(一橋大学)
「政治」の何がタブーなのか?ー政治的会話の継続性と断絶性の条件
4月21日 日本学術振興会・特別研究員(PD・DC2・DC1)申請書の回覧会 [詳細]
5月24日 吐合大祐
(神戸大学)
政党執行部と地方議員の関係に関する計量分析 [詳細]
6月21日 藤村直史
(神戸大学)
政党の一体性と資源配分 [詳細]
7月12日 小林悠太
(大阪大学)
2016年における「総合調整」の変容を考える  [詳細]
8月9日 赤星聖
(学振PD)
When do International Organizations deviate from its Original Mandate?
– The Cases of Initial Involvement of the UNHCR in the IDP Issues –
 [詳細]
9月13日 チャ・アルム
(慶應義塾大学)
新冷戦期の日韓安保協力の模索、1973年-1985年-北朝鮮の脅威の台頭への対応  [詳細]
湯川勇人
(神戸大学)
1930年代の外務省と日米関係
11月8日 谷圭佑
(神戸大学)
民主党分裂の要因分析ー政党の戦略的行動に注目してー  [詳細]
重村壮平
(神戸大学)
選挙区定数が投票率に与える影響  [詳細]
12月21日 吐合大祐
(神戸大学)
選挙区定数と再選活動―都道府県議会議員における選挙区定数と委員会所属に注目して―  [詳細]
広告