過去の研究会(2015年)

[2016年] [2015年] [2014年] [2013年] [2012年] [2011年]

開催日 報告者 題目 詳細
2月26日 三谷宗一郎
(慶應義塾大学)
有効期限の明記は「政策終了」を促すか—時限立法の実態調査 [詳細]
西野勇人
(立命館大学)
高齢者介護政策と家族主義
ーTSCSデータによる分析ー
3月5日 曽我謙悟
(神戸大学)
『現代日本の官僚制』を構想する [詳細]
4月16日 日本学術振興会・特別研究員(PD・DC2・DC1)申請書の回覧会 [詳細]
5月28日 宋財ヒョン
(神戸大学)
誰が選挙公報を見るのか
ー無党派性と政治的有効性感覚に着目した日韓比較ー
[詳細]
[報告資料]
6月25日 芦谷圭祐
(大阪大学)
地域間競争と地方政治:『カーリー効果』を中心に [詳細]
7月30日 湯川勇人
(神戸大学)
有田外交期における日中経済提携の模索
ー幣制改革の影響と政策決定者レベルの『支那再認識論』
[詳細]
9月15日 鶴谷将彦
(奈良県立大学)
滋賀県における自民党地方組織—2012年の政権交代後を中心に [詳細]
佐々木葉月
(大阪大学)
テロリズム問題に対するグローバル・ガヴァナンスの形成と発展—ガヴァナンス・ギャップ論の視座から
10月8日 久保浩樹
(Rice University)
候補者サーベイを用いたヨーロッパにおける政党の政策位置と凝集性の比較分析 [詳細]
11月20日 山野瞳
(関西学院大学)
公益法人制度改革における日本経団連の活動
—非営利団体政策への関与からみた、経済団体の利益追求メカニズム—
[詳細]
守山愛美
(神戸大学)
何がケースワーカーの支援を規定するのか
—政令市福祉事務所を事例として—
12月25日 宋財ヒョン
(神戸大学)
善教将大
(関西学院大学)
コンジョイント分析の方法論的検討 [詳細]
[報告資料]