2015年2月の例会

  • 報告者:三谷宗一郎(慶應義塾大学政策・メディア研究科後期博士課程,日本学術振興会特別研究員DC1)
  • 題 目:有効期限の明記は「政策終了」を促すか—時限立法の実態調査
  • 報告者:西野勇人(立命館大学社会学研究科・博士後期課程)
  • 題 目:高齢者介護政策と家族主義ーTSCSデータによる分析(仮)
  • 2名の方にご報告いただきますので,通常より長い時間設定であることと,定例の水曜日ではない点にご留意下さい

3月例会につきましては,追ってご案内を差し上げます.また,当会におきましては常に報告希望者を募集しております.5月以降の例会でご報告を希望される方がいらっしゃいましたら,幹事(shinichi.kojima[at-mark]stu.kobe-u.ac.jp)までご連絡頂ければ幸いです.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中